2010年05月10日

DLNA サーバーの設定

epgrec とかの設定は、色々込み入っているので、その前に、
DLNA サーバーと、samb (samba)サーバーの設定を終えておきま
しょうか。

-----

オープンソースの「VLC Media Player」ってソフトがあって、
http://www.videolan.org/vlc/
色々な、ファイルフォーマットをサポートしています、PC では
このソフトを使って動画を観る事もできますが、サーバーに使っ
ている Atom では、FullHDの動画はスペック的に厳しいのです。
その為に録画サーバーのスペックを上げてしまうと、電気は食う
し、操作の事も考えないと駄目だしで、今回は割り切って、録画
専用機としました。

では、「再生」はどうしたら良いか?
そこで、PS3 が出て来ます、PS3 はゲーム機なのですが、持って
いる CPU が強力なので、値段から想像するには不釣り合いの、
高性能機と言えるでしょうか・・



3万以下の PS3 が、多分10万以上の HDD レコーダーより優れ
ていると言ったら、「嘘」と思うでしょうか?
PS3 には、ゲームパッドが標準ですが、Bluetooth を使ったリモ
コンもあるので、HDD レコーダーと同じように扱えます、それに
何と言っても、画面の推移が高速で、モタツキが全くありません
ので、操作していて気持ち良いです!



それでいて、ゲームも出来る、ブルーレイや DVD のビデオを観
れるしで、他に代わる物がありません。
※ただ観れるレベルでは無く、非常に綺麗です。

最後は、電源を入れてからの起動が速い事もポイントです。

PS3 は DLNA サーバーのクライアントになる事もできます。
そこで録画サーバーに DLNA サーバーのソフトをインストール
します、色々探すといくつかありますが、今回は、設定例も多く
て、PS3 と親和性が良さそうな「mediatomb」を使います。

「mediatomb」のインストール
hira@pt2-server:~$ sudo apt-get install mediatomb

「/var/mediatomb」ディレクトリー作成
hira@pt2-server:~$ sudo mkdir /var/mediatomb

パーミッションを設定して、誰でも、読み書きできるように。
hira@pt2-server:~$ sudo chmod 777 /var/mediatomb

設定ファイルを編集、オリジナルを一応バックアップ
hira@pt2-server:~$ cd /etc/mediatomb/
hira@pt2-server:/etc/mediatomb$ sudo cp config.xml config_xml_org

※自分は、ファイルの編集に「emacs」を使ってますが、
テキストエディターの使い方を知らない場合は、config.xml
を PC に Z-MODEM とかで送って、編集して戻すとかでも出来ま
す。
※やり方は、前に「test.ts」を送った方法と同じです。

まず、コメントにあるように、PS3 では、




↑のように、"no" の部分を "yes" にします。

それから、ファイルの拡張子と、タイプの関係を追加します。







↑適当に追加してるので、間違ってるかもしれない・・
ファイル名を、「xxx.mpg」とか、「xxx.mp4」とかだと、
データベースに追加されて、再生可能になります。

続く〜


posted by hira at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

recpt1 のインストール

さて、OS がインストールされたら、今度は本番の PT1/2 関係の
ソフトウェアーを設定する。

一応、PT2 ボードの確認を〜

hira@pt2-server:~$ lspci | grep Multimedia
05:00.0 Multimedia controller: Xilinx Corporation Device 222a (rev 01)
↑のような表示があるはず。

次に、開発関係ツールで必要そうな物を手当たり次第にインストール〜

hira@pt2-server:~$ sudo apt-get install build-essential libglib2.0-dev libboost-filesystem-dev libboost-thread-dev libboost-regex-dev libpcsclite-dev libccid pcscd pcsc-tools

さらに〜
hira@pt2-server:~$ sudo apt-get install mercurial

ホームディレクトリーに「PT2」を作成して、ドライバーのソース
コードを展開
hira@pt2-server:~$ mkdir PT2
hira@pt2-server:~$ hg clone http://hg.honeyplanet.jp/pt1/ PT2

ドライバーをコンパイル
hira@pt2-server:~$ cd PT2/driver/
hira@pt2-server:~/PT2/driver$ sudo make

ドライバーをインストール
hira@pt2-server:~/PT2/driver$ sudo make install

ドライバーファイルの設定
hira@pt2-server:~/PT2/driver$ sudo insmod /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/video/pt1
_drv.ko

hira@pt2-server:~/PT2/driver$ sudo ls -l /dev/pt1*
crw-rw---- 1 root tape 251, 0 2010-05-07 03:38 /dev/pt1video0
crw-rw---- 1 root tape 251, 1 2010-05-07 03:38 /dev/pt1video1
crw-rw---- 1 root tape 251, 2 2010-05-07 03:38 /dev/pt1video2
crw-rw---- 1 root tape 251, 3 2010-05-07 03:38 /dev/pt1video3

おっと、パーミッションが・・・
hira@pt2-server:~/PT2/driver$ sudo ls -l /dev/pt1*
crw-rw---- 1 root tape 251, 0 2010-05-07 03:38 /dev/pt1video0
crw-rw---- 1 root tape 251, 1 2010-05-07 03:38 /dev/pt1video1
crw-rw---- 1 root tape 251, 2 2010-05-07 03:38 /dev/pt1video2
crw-rw---- 1 root tape 251, 3 2010-05-07 03:38 /dev/pt1video3
hira@pt2-server:~/PT2/driver$ sudo chmod 666 /dev/pt1*
hira@pt2-server:~/PT2/driver$ sudo ls -l /dev/pt1*
crw-rw-rw- 1 root tape 251, 0 2010-05-07 03:38 /dev/pt1video0
crw-rw-rw- 1 root tape 251, 1 2010-05-07 03:38 /dev/pt1video1
crw-rw-rw- 1 root tape 251, 2 2010-05-07 03:38 /dev/pt1video2
crw-rw-rw- 1 root tape 251, 3 2010-05-07 03:38 /dev/pt1video3


それから、まだツールが足んね・・

hira@pt2-server:~/PT2/driver$ cd
hira@pt2-server:~$ sudo apt-get install autoconf
hira@pt2-server:~$ sudo apt-get install automake

B-CAS カードを読んで、暗号化を解くのに、b25 ライブラリー
が必要だけど、最新のアーカイブには入って無いので、別途
収集して、作成する。

hira@pt2-server:~$ mkdir PT2_with_arib25
hira@pt2-server:~$ hg clone http://hg.honeyplanet.jp/pt1/ PT2_with_arib25 -r 73

hira@pt2-server:~$ cd PT2_with_arib25/
hira@pt2-server:~/PT2_with_arib25$ cd arib25/
hira@pt2-server:~/PT2_with_arib25/arib25$ make
hira@pt2-server:~/PT2_with_arib25/arib25$ sudo make install

それでは、「recpt1」の構築〜
hira@pt2-server:~/PT2_with_arib25/arib25$ cd
hira@pt2-server:~$ cd
hira@pt2-server:~$ cd PT2
hira@pt2-server:~/PT2$ cd recpt1/
hira@pt2-server:~/PT2/recpt1$ ./autogen.sh
hira@pt2-server:~/PT2/recpt1$ ./configure --enable-b25
hira@pt2-server:~/PT2/recpt1$ make

一応確認の為、recpt1 のヘルプ表示
hira@pt2-server:~/PT2/recpt1$ ./recpt1 --help

Usage:
./recpt1 [--b25 [--round N] [--strip] [--EMM]] [--udp [--addr hostname --port portnumber]] [--device devicefile] [--lnb voltage] [--sid SID1,SID2] channel rectime destfile

Remarks:
if rectime is '-', records indefinitely.
if destfile is '-', stdout is used for output.

Options:
--b25: Decrypt using BCAS card
--round N: Specify round number
--strip: Strip null stream
--EMM: Instruct EMM operation
--udp: Turn on udp broadcasting
--addr hostname: Hostname or address to connect
--port portnumber: Port number to connect
--device devicefile: Specify devicefile to use
--lnb voltage: Specify LNB voltage (0, 11, 15)
--sid SID1,SID2,...: Specify SID number in CSV format (101,102,...)
--help: Show this help
--version: Show version
--list: Show channel list

Available Channels:
13-62: Terrestrial Channels
101ch: NHK BS1
102ch: NHK BS2
103ch: NHK BShi
141ch: BS Nittele
151ch: BS Asahi
161ch: BS-TBS
171ch: BS Japan
181ch: BS Fuji
191ch: WOWOW
192ch: WOWOW2
193ch: WOWOW3
200ch: Star Channel
211ch: BS11 Digital
222ch: TwellV
C13-C63: CATV Channels
CS2-CS24: CS Channels

出来あがったコマンドをインストール
hira@pt2-server:~/PT2/recpt1$ sudo make install

テスト〜
hira@pt2-server:~/PT2/recpt1$ cd
hira@pt2-server:~$ recpt1 --b25 --strip 25 30 test.ts
using B25...
enable B25 strip
pid = 7602
C/N = 32.708368dB
Recording...
Recorded 30sec
hira@pt2-server:~$ ls -l
合計 59992
drwxr-xr-x 5 hira hira 4096 2010-05-07 03:42 PT2
drwxr-xr-x 7 hira hira 4096 2010-05-07 03:52 PT2_with_arib25
-rw-r--r-- 1 hira hira 61423360 2010-05-07 04:09 test.ts

出来た〜

出来た、「test.ts」を PC に送って、再生してみる〜

hira@pt2-server:~$ sudo apt-get lrzsz

hira@pt2-server:~$ sz test.ts

「teraterm」側で、転送→zmodem→受信、とかすると、ファイル
を受け取れる。

VLC とか、MediaPlayer で再生。

posted by hira at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

OS のインストール

PT2 を扱う場合に、Windows 環境の方が敷居は低い感じでは
あるが、その為に、Windows のライセンスを買うのに抵抗がある。
とゆー事で、Linux を入れる事にしたのだけど、どのディストリ
ビューションが良いのか〜

http://www.ubuntulinux.jp/products/WhatIsUbuntu/serveredition

どうせ、PT2サーバーにはモニターもキーボードも接続しないし
設定はPCから遠隔で行うので、基本がCUIの物が良いと思い、↑に
決めた。

折角なので、64ビット版を使う事にしたが、ファイル名が↓の
「ubuntu-10.04-server-amd64.iso」
とかになっていて、なんか AMD の CPU 専用なのかと思ったが、
Atom でも、普通に64ビット環境でインストールされる。

ダウンロードしたら、ISOイメージなので、CDとかに焼いておく。

録画サーバーには、ROM ドライブも必要無いと思ったので、イン
ストールの時だけ接続して、OSが動いたら、外す感じで。
※電気が勿体無い〜

インストーラーを起動すると:
・言語の選択: → 「日本語」を選択
・メニュー: → 「Ubuntu サーバーをインストール」
・キーボードの選択: → 「Generic 104-key PC」(自分の場合)
・keyboard layout: → 「USA」
・ホスト名: → 「pt2-server」
・パーテショニングの方法: → 「ディスク全体を使い LVM をセットアップする」

後はユーザー名とか色々設定して

・インストールするソフトウェアーの選択:
UbuntuSoftSelect.JPG

と、こんな感じで、設定して、後は、待つだけ〜

自分は、DHCPでアドレスを自動で決めたので、起動したら、
「ifconfig」などで、自分のIPアドレスを調べてメモっておく。

また、PC から、SSH などでログインして、接続できるか確認し
ておく。
SSH のログインには、「TeratermPro SSH 対応版」がお勧めです。
http://sourceforge.jp/magazine/09/02/02/0412259

posted by hira at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

組み立てる〜

部品も大体揃ったとこで組み立てだけどー、

イマイチマザーボードに納得いってなかった、それは、チップ
セット冷却のファンが「やかましい」のである。
大体、CPU より熱出すチップセットって・・・

そんな事もあり、マザーも交換する事にした。



ION のマザーにするとか、色々考えたけど、やっぱ電気食わな
いとか、安いとかで↑にした、ただ痛いのが、S-ATAのポート
が二つしか無い事。
早速、ケースに入れてみたが、このマザー、前のと違って、
DDR2-800をサポートしている・・・
昔に買った1GBのDIMMが二枚あったのでそれを差してみた。

ワットチェッカーで、電力を測ると 40W 弱もある・・・
電源の効率が悪そうなので、そのせいかもしれない・・・
今度暇な時にでも、調べておこう〜
posted by hira at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月03日

組み立て(アンテナ・ケーブルの自作)

PT2 は、圧縮された「生」データを扱うので、マシンにあまり
大きなスペックを必要としない。
なので、観るのは、別マシンや PS3 で行うのが前提だし、それ
で問題無い、むしろ、熱が少ないとか静かとか・・

でも、このマザーボード、チップセットのファンが意外と
うるさいなぁ・・・
※この件は後で解決(笑)

PT2 のアンテナに入力する為、アンテナ分配機を買う必要がある
が、ビックカメラとか家電量販店で売っているやつは物凄く値段
が高い!
そこで色々調べると安いやつが色々あるみたいだ。

連休に入った次の日に秋葉原に行く予定があったので、秋葉を
物色〜
※オリオスペックに安くて良いのがあるとの事で行ったらーー
「休み」ですよー
仕方無いので、他を色々観て回る。


結局、見た目とかの感じと「性能」(扱える周波数の上限)で
400円の二分配機を二個買った。

RF-splitter.JPG

次に問題となるのが、PT2 とこの分配機を接続するケーブルなん
です・・
売ってるのは一番短くても0.5mのやつで、360円とかする
しで、結局作る事とした!

ケーブルは、5C-FBL の低損失ケーブルを買った、m、120円
意外と安い、他に F 型コネクター、一個100円だったので、
金メッキタイプ、2個で290円を購入。
ケーブルは20cmくらいを考えているので、コード1本当たり
320円、売ってるやつより40円安いだけだけど、低損失+金
メッキなので(爆)

ケーブルにF型コネクターを取り付ける作業は、やってみると、
意外と簡単でした。

(1)一番外側の被覆を剥く
5CL-step-1.JPG

5CL-step-1-2.JPG

一応説明書では、12mmのとこを剥くようです、カッターで
中のシールドが傷付かないように、表面に一回り傷を入れます。
剥きやすいように、縦にも傷を入れて、引っ張れば、傷にそっ
て綺麗に剥がれてくれます。


(2)網目状になっているシールドを折り返す
5CL-step2.JPG

折り返したシールドは2mmくらい残して切ってしまいます。

(3)先端の絶縁体を根元2mmくらい残して抜き取る
5CL-step-3.JPG

※写真のケーブルは低損失タイプなので、アルミで覆われて
いますが、気にせず、中心の銅線に傷を入れないように、カッ
ターで周囲に傷を入れて抜き取ります。

(4)まずカシメ金具を先に入れ、コネクター本体を押し込みます
5CL-step-4.JPG

※本体を押し込む前に、忘れずに、カシメ金具を入れます、その
時、折り返したシールドの上くらいで金具がそれより先に入らな
いように押さえておきます。
(そうしないと、カシメ金具を戻す時、折り返したシールドを起
こしてしまいます)
金具を押さえつつ、コネクター本体を押し込みます。
確実に奥まで入っているか確認下さい。
本体を差しこむと根元が膨らんで、カシメ金具が遊ばないように
なると思います。

(5)カシメて仕上げ
5CL-step-5.JPG

ペンチなどで金具をかしめて、先端の芯線が1mmくらいはみ
出るように斜めにカットして終了です。
posted by hira at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

部品集め

PT2買った時に必要な物揃えておけば良かったなぁ〜と実感。

まず、動作方針をどうするか?
現在自宅にはサーバーが無い・・
自宅でプログラムする場合とか、svn のサーバーを使いたい
とか、web ベースのプログラム検証とか、linux 系サーバー
が欲しいと思っていたので、Linux サーバーを24時間動かす
事にした。
そんで、常時運転するなら、消費電力が少ない方が良い。

それならと言う事で、以前に別用途で買って、遊ばせていた
Atom の Mini-itx マザーを使う事にした。

Intel D945GCLF2

AtomMiniITX.JPG

横にある SSD に試しに、Unbunt を入れてみたが、SSD の調子
が悪いのか、他の要因で、リブートする時にファイルシステム
が死んでいて起動出来なかった・・

メモリーは 2GB をインストールした。

やっぱりケースに入れないと、色々不便なので、アマゾンで
物色〜



150W の電源付

ついでに、2TB の HDD



そして、B-CAS カードリーダー




とりあえず、後は、品物来てからだなー

posted by hira at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月25日

PT2 来た〜

PT2 宅急便で送られて来た。
焦って、アマゾンとかで買わなくて良かった、冷静に探せば
あるもんだ。

PT2-top.JPG

PT2-bot.JPG

PT2-up.JPG

シャープのチューナーモジュール2個と、ザイリンクスのFPGA
2Mビットのシンクロナス D-RAM が1個、非常にシンプルな
構造で拍子抜けだが、圧縮され暗号化されたストリームを
ファイルに書くだけなのだから当たり前と言えば当たり前。

やっぱ、物事、シンプルな方が良い。

posted by hira at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月24日

PT2 って何?

自分は HDD レコーダーには「運」が無いと思う。
最初に買った、東芝製は、部屋が寒いと録画がされず、容量
も少ない、今はほとんど使ってない。
※面倒なのと、修理している間番組録画が出来ないとか、
面倒とか面倒とかで、1年がたち、保障期間が過ぎてしまった。

ブルーレイは PS3 で観てたけど、ドライブ壊れて、やはり修理
が面倒で、修理出して無い・・
まぁ初期型で電気食うので、買い替えても良いかと思ってるけど。

そんで、ブルーレイが観れないのは痛いので、SONY 製のブルー
レイ対応を購入、だが、買って直ぐに HDD の調子が悪い事が判
明、番組を6つくらい録画した段階で、次の番組を録ったら、「INFO WRITE」って表示が点滅しっぱなしになり電源コード抜く
しか無かった、HDD を初期化すると、また使える。

二番組録画とかすると、駄目確立が高いとか、録画中に DVD と
か観てるとやはり駄目だったり、時刻合わせかなんかで、電源
OFF でも内部がアクティブになると、入りっぱなしになってる
DVD をシークする動作音がして、うざいとか、不満だらけ。

最近、PS3 用に torne が発売されて、欲しいと思ったけど、
BS が撮れない・・

そんなこんなで、PT2 である・・
秋葉原に凄い行列とかニュースで読んで知ってたが、スルー
してた、でも最近になり、そろそろ落ち着いてる頃だろう、
普通に買えるじゃないかと思ってた、でも、秋葉原ではまだ売
り切れ状態だし・・・
アマゾンでは、22000円だし(定価は16800円)

4末になって、オリオスペックで通販する事が判り、ゲットし
た(16800円+送料)!

こいつを使って録画機サーバー作ってやろうって感じ〜



posted by hira at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記